西 野 詩 織
work 2013
                                                   

 


















 
works 2013 - -
work 2013 face
iPhoneImage.png
                                                         photograph : Yoshikazu Ooka

                                                                          






ここに置いたら お地蔵さんのように見えて 笑いました。

















 
works 2013 - -
mori hamiru




onsa2013に出展した映像作品です。 (リンク移行しました)



「僕たちは 皮膚を使って体を感じ

体をつたって 心を感じる・・・」



わたしは 立体だったり 声だったり

森をさがして どこまでも やさしい 春の ひとときでした。









森 ハミル


小鳩ケンタ (Kenta Kobato)
詩人、日常から非日常まで、コトバの中にある0地点まで辿り着くさまざまなルートの痕跡を詩とする。
http://kobatokenta.web.fc2.com/

高野裕子 (Yuko Takano)
ダンサー、コレオグラファー、人と出会い、対話することで、創り、踊る。UMLAUT代表。
http://youreve.wordpress.com/

西野詩織 (Shiori Nishino)
美術作家、主観的で抽象的な’’時間’’が包み込まれるような独自の世界を、詩情あふれるセラミックで表現。
http://kinsai.jugem.jp/






















works 2013 - -
もう 何もない

iPhoneImage.png



森ハミルの 映像作品で 使ったお船。


photograph : Yoshikazu Ooka



















works 2013 - -
So-Ra 「ici」 にて

iPhoneImage.png 




So-Ra (そら)

ギャラリー夫妻の 亡くなった愛猫ちゃんのお名前から 付けられました。
ありふれた名前でも そら を選らんだ。

そんな情のふかい Trois夫妻の新しい場所で させていただいた
オープニングの個展 iciが 終了しました。
足を運んで下さったみなさま ありがとうございました。


2ケ月間の展示 お別れのときは いつものように やっぱり泣いてしまい
夫妻にずっと手をふられながら 見送られる とゆう
去年の家ieさんの個展のときと 全くおなじ ふしぎな光景でした。


家ieさんも おなじで そこは壊れないで 残っている 古いお家
最後に住まれていたのは 一人のおばあさんと聞きました。

週末 普通の日常のように 在廊させていただくうちに
建物と人に すっぽりと包まれてゆきました。
いろいろなことを 想いすごしました。


大事なひとの命も いつかなくなる
肉体はここにはいないけれど
生きている人が 想いを繋ぎ かたちにすれば
命はずっと ここにあって 続いてゆくから。

そんなことを 教えてくれた 展覧会でした。
大切なオープニングに わたしを選んでくださったこと
感謝しています。


Troisの はちさんと けいさんの つくった So-Raとゆう場所が
これからもずっと 続いてゆきますように。。






Trois
gallery So-Ra

http://shop.3trois.net/
















works 2013 - -
ici






















































ici より




いま 展示をさせてもらっている
Troisさんが運営する この春オープンされた ギャラリーSo-Raさんは
大正時代の建物ですが住居とし
て リノベーションされ 貸し出されていた一般のお家を
ショールームやギャラリーとして 使われています。
作品のある日常を
伝えたいこと 繋げたいこと
使用できるまで 大家さんに 何度もお願いしたと聞きました。

想い入れのある場所を 大家さんも 大事にリノベーションされたので
作家が 展示をするにも 壁に穴を開けたり 吊ったりはできません。

立体は 什器を使わなくてはいけないのですが
わたしの展示は いつも 先に空間をいただいて 作品づくりをするので
大袈裟なことは 何もないですが
その場所が放つ空気を 大事にした 展示をさせてもらっていて
あまり什器も 使いたくないので
今回 作品を 床に置かせてもらっています。

でも 住居用にきれいに リノベーションされた床が どうしても気に入らず
そんなわがままを 店主さんに 言ってみると
何のためらいもなく
建築家さんに相談してくださったり
カーペットなどを調べてくださったり

最終的に 元々ある床を傷つけないやり方で
今回の展示のためだけに あたらしい床を用意してくださいました。

手がけてくださったのは 個人的にも お世話になっている
つむぎ商會さんでした。

ささやかな表現でも ものづくりにおいて
まっすぐに受けてくださる人との出会いは
ここ3年くらい 特に去年から たくさんいただいていて
いろいろ振り返ってみても
感謝しかないなぁと 思うわけでして…

とか なんとか …

So-Raさんでの展示 「ici」 (フランス語で "此処" とゆう意味)
は 6月末まで開催しています。

ただ のんびりと みなさんの時間を
過ごしていただけたら うれしいです。






gallery So-Ra
http://3trois.net/


つむぎ商會
http://tsumugisyokai.com/



























works 2013 - -
Work 2013
































































「2013.2.1
To Koshida Clinic
From SKKY / iTohen」


SKKYさんから
越田クリニックさんへ。

周年のお祝いの贈りもの お手伝い させていただきました。

越田クリニックさんは 2010年に 思い入れのある作品を
購入していただいた ご縁があり
今回 SKKYさんより
お声をかけてくださって とてもうれしい気持ちでした。

撮影は 大岡由和さん (hitoto)


Many happy returns ....


ばいばい またね。
ありがとう。


















works 2013 - -
2013.4.3





















works 2013 - -
| 1/1 |